【頼れる担当者になるための時間】

「労働者派遣」派遣元として「こんなとき、どうする?」

~「労働者派遣」の法的、実務上の留意点~

Ⅰ.労働者派遣法に関する基礎知識

① はじめに(現状の労働者派遣の市場感)

② 労働者派遣の意義、目的、特色

③ 労働者派遣法の改正状況

 

Ⅱ.労働者派遣事業を行うための手続き

① 労働者派遣事業の許可

② 労働者派遣事業に関する規制・事業報告

③ 個人情報の管理、個人情報保護法の遵守

 

Ⅲ.派遣労働者との労働契約

派遣先就業にあたっての派遣元の法的留意点

① 労働者派遣の提案・就業決定にあたって

② 労働者派遣契約と労働契約の関係

③ 労働者派遣契約と派遣労働者に対する就業条件明示

④ 派遣元の講ずべき措置等

⑤ 派遣元および派遣先が負う使用者責任の区分

⑥ トラブル事例紹介

(職場見学、業務内容の相違、料金交渉等)、

その対処方法

⑦ その他留意点

 

Ⅳ.派遣元としての実務上の留意点

① 派遣労働者に適用される時間外・休日労働の協定(36協定)

~派遣元36協定の時間外を超過した場合

② 派遣労働者に適用される就業規則の整備

~就業規則の整備が不適切な場合

③ 派遣労働者に労災事故が起こった場合

~派遣元に求められる対応

④ 派遣労働者に対して、派遣先から配置転換を求められた場合

~労働者派遣契約、就業条件明示書の関係性

⑤ 労働者派遣契約更新時における料金交渉

~労使協定方式の場合は?

⑥ 派遣先の都合による契約解除、または事業所を一時的に休業する場合

~派遣労働者への保障は派遣元が対応?

⑦ 派遣労働者から育児休業等の申出があった場合

~育児休業の取得はいつまで可能?

⑧ 派遣労働者がハラスメント被害を受けた場合

~パワハラ法制化やセクハラ等の改正対応で留意すべき点とは 等

 

Ⅴ.まとめ、その他

① 今後の労働者派遣の人材活用について

OUTLINE

日程

2021.06.25~2021.07.28

時間

10:00~

講師

米倉 篤俊

費用

有料

場所

オンラインセミナー